■和歌山県の鍼灸専門治療院!有田郡湯浅町で腰痛や坐骨神経痛にお困りなら当院へ■

小児はり

小児はり(小児針・小児鍼・虫きり・ムシキリ)

小児はりって何!?

「♪赤ちゃん夜鳴きで困ったなぁ~。カン虫、乳吐き弱ったなぁ~♪」
聞いことある方が多いと思いますが、樋屋奇応丸(ひやきおうがん)のCMですね。
小児はりはこの歌の『夜鳴き』、『カン虫』、『乳吐き』等の症状を訴える子供さん向けのはり治療です。
はり治療と言っても、小児はりは、刺さないハリを使ってお子さんの治療を行ないます。
和歌山ではあまり馴染みが無いかも知れませんが、大阪では古来より親しまれていて今現在でも盛んに行なわれいて、
『虫きり』などの通称で親しまれているようです。
歴史としては、1736年に発刊された文献鍼法弁惑に小児はりの記述が確認されています。

併せてコチラのHPもご覧下さい。
当院も参加させてもらっている小児はりのまとめサイトです。

小児はりですくすく育て♪ http://yomogian.pupu.jp/syounihari/index.html

実際の治療方法

治療方法ですが、刺さない鍼を使い皮膚を撫でるように行ないます。
鈴がついた音のなる鍼で、トントンと叩く方法もあるようですが安藤鍼灸院では皮膚を撫でる方法で行ないます。
スプーンで体を撫でるようにするスキンタッチ療法がありますが、アレと同じような感じです。
はりと言っても、体を撫でるようにするだけなので大事なお子様に傷がつくことはありません。

当院で使う刺さない針↓

てい鍼

メインで使用するのは画像の真ん中の五寸釘のような形をした『大師流小児はり』。
まれにローラー型のはりや、ヘラ型のはりも使います。

小児はりの適応疾患

ものを投げる、夜泣き、キーキー声、噛む、自分の頭を床や壁にぶつける、叩く、 なかなか寝ない、落ちつきがない、ダダをこねる、好きなものしか食べない、なかなか泣き止まない、 便秘、下痢、夜尿症、アトピー性皮膚炎、 鼻炎、健康増進、虚弱体質の改善、チック症、自閉症、多動、発達障害など、 ほとんどの小児疾患に効果が期待できます。
大人の治療と同じく、お子様1人1人によって症状の重さが違い、治療期間も変わります。
こういう場合はどうなの!?と言う方は、ご相談ください。

治療料金

治療時間:およそ15分
※初診時はお子様の状態を把握する為に治療と併せて、1時間程度必要です。ご了承下さい。
治療料金:1500円
※小児はり治療は保険適応外の為、実費となります。
また初診時は別途初診料1,000円がかかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする