■和歌山県の鍼灸専門治療院!有田郡湯浅町で腰痛や坐骨神経痛にお困りなら当院へ■

腰痛の治療

腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛でお困りの方へ

アナタにはこのようなお悩みがありませんか?

腰痛イメージ

腰が痛くて朝体を起こすのがつらい。
同じ姿勢をしていると腰が痛く(だるく)なってくる。
長時間歩いていると腰や足に痛み(だるさ)が出る。
体を動かすと腰が痛い。
「ヘルニアだから・・・、背骨の間が狭くなっているから・・・」と病院で手術を勧められた。
腰だけでなく、足まで痺れる(痛い、だるい)。

これらの腰や足に関するお悩みは、当院で解決できるかもしれません!

どんな治療をするの?

安藤鍼灸院では、それぞれの症状を出している原因に対してアプローチします。

腰に痛みが出ているから、腰が原因なのでしょうか?
仮に腰が原因なら、腰を温めたり、湿布をすれば治るかもしれません。
ソレで治らないということは、そもそも原因が間違っているのではないでしょうか?

ヘルニアや背骨の間が狭くなっているからと手術をしたものの、まだ痺れは残る・・・。
これも本当に腰の骨が原因だったのでしょうか??
もう一度「原因」を考えてみる必要があるのでは無いでしょうか??

当院では、問診や触診、諸検査に時間をかけ、まず私が考える原因をお伝えします。
その原因に対してどのように治療を行っていくか説明させていただきます。
痛いのが嫌、鍼灸(はりきゅう)が怖いという方には無理強いせず、安心して受けていただける治療を提案させて頂きますので遠慮なくお申し付けください。

また自宅でも出来るストレッチなどの軽い運動、生活改善アドバイスなども惜しみなくお伝えします。
是非ご自宅でも生活改善に励んでいただければ幸いです。
そうすることで辛い症状から早く開放されることでしょう。

原因を明記しない理由。

上の項目で腰痛の「原因」に対するアプローチが重要と書いたのに、なぜその「原因」を書いてくれないの??
当然の疑問だと思います。
しかし安藤鍼灸院のHP上に腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛などの「原因」を明記することはありません。
なぜならば、1人1人「原因」が違うからです。

体のつくりや性格、お仕事などの生活様式が1人1人違ってくると、
当然原因も違ってくると私は考えます。
Aさんにとっては原因はXXですが、Bさんにとっての原因はYYかもしれません。

だから私がここで原因はXXですと書いてしまうことで、Bさんは困るはずです。
原因であるはずの所を自分でほぐしたり、せんねん灸などで治療してみたものの効果が出ない。
効果が出ないだけならまだしも、悪化した・・・。
こうなると目も当てられません。
こういうことが起こらない為にも、私はHP上に原因を書きません。
直接アナタと会って、アナタに合った原因や治療法の提案をしたいのです。
身勝手かもしれませんがご了承ください。

※参考までに

中医学的に考えても全く同じ事がいえます。

簡単な中医学的な腰痛の原因の一例と誤った治療例を書いておきます。

【1】 寒湿の邪

湿気の多い所に居住したり、雨にぬれたり、汗をかいた後に風に当たったりすると、寒湿の邪の影響を受けやすい。寒邪には凝滞性や吸引性があり、湿邪には粘滞性がある。この寒湿の邪が経絡に影響し、腰部の経絡の気が阻滞すると腰痛が起こる。

【2】 腰部外傷による血瘀

捻挫や打撲などの外傷により、腰部の経絡を損傷して瘀血が凝滞すると腰痛が起こる。

【3】 腎精不足

房事過多や久病により身体が弱ったり、老化により腎虚になり腎精が不足すると、経脈を濡養できなくなり腰痛が起こる。

針灸学[臨床編]より引用

な~んだ原因が上の3つなら

寒湿の邪気を取れば良いんだ♪
瘀血を取って血流をよくすれば良いんだ♪
不足した気を足してあげれば良いんだ♪

と考えませんか?

しかし便宜上3つに分かれているだけであって、実際はこれらが複合的に絡み合って起こっていることが多いです。

それらの中でどれがウェイトが高いのかを問診・各種検査などで判断し治療を行います。

またどこの部位がどのように障害されているかは人によって違いますし、なぜ障害されたか?、障害されるまでの過程も違います。

寒湿の邪気がどこの経絡を障害してるの?

腎精の気の不足の原因は他の臓器に負担がかかっているかもしれません。

(腰痛が起こってるからといって障害されている場所が腰とは限りません。)

今起こっていることの原因について、マインドマップを書くようにに深く考えていく事が必要です。

考えないで治療を行うと・・・

寒湿の邪が悪い影響を及ぼしてるから、この邪気を取る治療を行います。

しかしアナタの原因の中には腎精不足という元気の源が不足している状況もあったので、先の邪気と一緒に元気の源の気まで取ってしまいました・・・。

この場合、どうなるかわかりますか??

残念ながら、症状が悪化したり、最初になかった不調が現れる可能性があります。

見よう見まねでご自身に試してみて、こうなってはいけないので当院ではネット上に原因や治療法を書かないのです。

実際にアナタを見てみないと、書けない・判断できないといった言い方の方が正しいかもしれません。

施術料金・時間

料金:1回3,000円~5,000円
(初回は初診料2,000円がかかります。)

時間:30分~60分程度
(初診時は問診、養生法などのアドバイスの為合計1時間半程度。)

※症状が重く、必要な治療箇所が多岐に渡る方は治療費・時間共に上がります。
基本は3,000円で30分程度の治療となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする