■和歌山県の鍼灸専門治療院!有田郡湯浅町で腰痛や坐骨神経痛にお困りなら当院へ■

湿布を貼る時は温湿布?冷湿布??

よく病院で貰う湿布。
温湿布と、冷湿布の二種類がありますが、
「どっちを貼ったら良いかわからない・・・。」という質問を良く受けます。

○実は簡単な見分け方があります。
1,貼る場所を決めてください。
2,貼る場所と他の部分(肩に貼りたい場合は、腕、腰など)の皮膚の温度を触り比べてください。
3,貼る場所の方が熱い場合→冷湿布(炎症を起こして熱を持っている為、冷やす。)
4,貼る場所の方が冷たい場合→温湿布(血流低下していて冷えてるので、温める。)

こうして実際に他の部分と触り比べてもらうと、適した湿布を貼りやすいです。

ただ、温湿布の成分にカプサイシン(唐辛子の辛味成分)が含まれている為、
皮膚が弱い人はかぶれ易いです。
※最近は生姜エキスを使っている物もあり、
自分が試した感じでは、唐辛子に比べかぶれにくいです。

当院では血流低下などが原因で温めたい場合には、
貼るカイロレンジでチンするホットパックをオススメしています。

どっちを貼ったらよいかわからない人は、

自分で皮膚の温度を触り比べるか、身内の方に触ってもらって確認してくださいね。